【自己紹介】フリーランスになるまでの生い立ちとこれからの生き方

どうも!なおや(@naoya2_2)です。

僕は2017年に3年間勤めた会社を辞め、今はフリーランスとして個人で仕事をこなし収入を得ています。

そんな人間なのですが、今日はこの記事でもっと詳しく自己紹介をしていこうと思います。

小学生時代から社会人、フリーランスになったこれまでの生い立ちなどを書いていきますので最後まで読んで頂けたら嬉しいです!

【小学生時代】やんちゃで怪我をしまくった日々

小学生時代はよく怪我するやんちゃ坊主でした。

毎日昼休みにやっていたドッジボールで突き指した回数は数知れず、地域のドッジボール大会ではなんと手首を骨折しました。

ドッジボールでどうやって手首を折ったのかよく覚えていないのですが、確かめっちゃ強いヤツに超至近距離でぶつけられてボキッといった気がします。

めっちゃ痛かった・・!

 

その他にはブランコから落っこちて(吹っ飛んで)腰を強打したり、怪我ではないですが小学校のベランダから石や鉛筆を落としまくる遊びを考案して先生に2日間に渡り激怒された記憶もあります・・

これをやったら危ないっていう判断ができなかった小学生時代でした。

【中学生時代】必死に部活を頑張り結果を残せた

中学生時代は部活に明け暮れました。

テニス部に入って1年生で団体戦のメンバーになれたり、個人戦で県大会制覇したり、団体戦で全国大会に出場したり、結構本気でテニスしてました。

過去の栄光ですね。

こんな感じで部活を頑張って結果も出せていたので自分で言うのも気持ち悪いですがそこそこモテていた気がします。

人生で初めて彼女ができたり、2人で遊びに行ったり、いい思い出が多いです。

不思議と勉強にもそこまで苦労した記憶がありません。

 

そのまま高校受験を迎え、第1志望の高校に部活の成績を認められ前期試験(面接だけ)で合格できました。

【高校生時代】天狗になって何も残せなかった・挫折

中学生時代にそれなりの結果を出し完全に天狗になって入学した高校。

勉強の難易度が跳ね上がったのはもちろん、テニスでも周りのレベルが一気に上がり全然勝てない時代を過ごしていました。

最初はどこかで部活仲間を見下していたクソな人間だったので当然どんどん実力は抜かれていきます。焦り始めたころには時遅しで部活を頑張ろうがテニススクールに入ろうが全く勝てるようにならず何も数字を残せず。

最後の大会では県予選で同じ中学校だった後輩に負けるというめちゃくちゃ悔しい経験をして幕を閉じました・・

 

一応進学校だったので周りに流されるがままに大学受験をし、この後4年間のキャンパスライフをスタートすることになります。

【大学生時代】とにかく楽しかった

大学生時代はもう本当に遊び倒しました。

東洋大学の電気電子情報工学科に進学したのですが大して勉強はせずに楽しいことだけを追い続けていたように思います。

サークルに入って毎週2回活動をしたり、サークル以外の時も友達とテニスコートを予約して1日6時間以上テニスをしたりしていました。

その他にもボウリングを週5回やったりしましたね・・もう金欠です 笑

そのくせ普段あまりバイトをしなくて、長期休みだけガツンと稼いであとは親からの仕送りで暮らすという優雅でだらけた生活をひたすら送りました。

 

遊び以外では先輩をめちゃくちゃ好きになって告白して振られたり、その1年後に後輩と付き合ったり、なんだかんだ恋愛面でも充実した4年間になっていたと思います。

留年もせず無事卒業、就職先も決まりこの後の人生も楽しいものが続くのだと思い込んでいました。

 

今思うこととすれば、時間に余裕のあった大学生時代からブログを書き始めていれば良かった・・ということですね。

後に書きますが、ブログは本当に人生の選択肢を増やしてくれます。

【会社員時代】つまらなすぎて会社に行きたくなくなる

上でも書いたように無事に大学生時代に就職先が決まり働くことになりました。

仕事内容は原子力発電所の電気計装設計。

 

これが本当につまらなかった

 

仕事を選択したのは僕自身なので誰かに文句を言うつもりはありませんが、とにかく人から命令されてやらされる仕事にどんどんストレスを溜め込むようになってしまいました。

飲み会でのクソつまらない先輩社員の話、酔った勢いでの説教、無茶ぶり、これが嫌で嫌で途中から飲み会の話はフルで無視するように決心。たぶんそれなりに嫌われたと思います。

 

上司にこんなメールを送ったことも。

この上司がとにかく優しかったのが救いでした。

 

で、こんな毎日を40年続けるのか・・と絶望している時に「ブログで稼げる」ということを知りブログを書くようになりました。

入社2年目だったと思います。

ブログはお金が自動で入ってくる仕組みを作ることが出来る点にめちゃくちゃ惹かれ、そうなれば時間の使い方に選択肢が増えるなと思いスタート。

この日からぼんやりと「これで稼いで会社を辞めよう」と考えるようになりました。

 

でも、何もかもがそんなにうまくいくわけがありません。

ブログ開始から約1年後、大学時代から付き合っていた彼女も社会人になり就職し同棲を始めたのですが、あんなに働くことを楽しみに目をキラキラさせていた彼女が入社3日目で泣いて帰ってくるというショッキングな出来事が発生。

話を聞けば相当嫌なこと先輩社員に言われたり、重労働感が凄まじかったりしたようです。

この時に「あー、会社で働くってこういうことなのか」と冷静に絶望したことを覚えています。僕だけじゃなくて他の多くの人も我慢を強制されているのかな、と。

 

これを期に考え始めたことが3つあります。

  • 会社に依存せずに生活したい
  • 稼ぐ方法を教えたい
  • お金は稼ぎたい人だけが稼げばいい

自分が嫌な思いをしただけでは独立したいという意思は正直弱かったのですが、身近な大切な人が苦しんでいるのはもう見たくないなと強烈に感じました。

全員が無理にお金を稼がなくても、稼ぐことが好きな人が稼いでか稼ぐことが苦手な人はお金を回してもらえば良いんじゃないか、とも考えるようになりました。

 

結局、僕はフリーランスに、彼女はやりたいことをやるために転職したい、という思いがお互い強くなり金銭面やその他もろもろの事情で別れてしまったのですが、僕の上記3つの気持ちは変わらず今現在に至ります。

別れ方も結構スッキリしていたので5年間ほぼ常に一緒にいましたが後味良く別々の道を歩くことができています。

ついにフリーランスに!

そんなこんなで2017年7月いっぱいで仕事を辞めました。

その時のブログからの収入は月に5万円前後。

まー生きられませんよね 笑

うちの家族は最初はフリーランスになることに反対していましたが、僕は決心していたため会社を辞めると言い続けて意外とあっさり親も応援してくれる立場になってくれました。ありがたい。

毎月2万円を家に入れることで実家に戻れることになったのでとりあえず甘えさせてもらうことに。

 

会社を辞めてからはひたすらブログを書き続けて少しずつですが収入を伸ばせている状態です。

自分のためにも、親を少しは安心させるためにも、今はとにかく数字を出すしかありません。

田舎フリーランス養成講座に参加

会社を辞めてから約10ヶ月後に行われた田舎フリーランス養成講座にも参加しました。

これは通称「いなフリ」と呼ばれるもので、僕のように個人で稼いでいきたい人達が集まりWEBサイト制作やアフィリエイト、クラウドソーシングでのライティングを基軸にした稼ぎ方を教わることが出来るもの。

2018年の3月にふとTwitterで参加者募集の呟きをみて急激に参加したいという欲が大爆発しました。

なんか、直感的に参加しないといけない気がしたんですよね。

ブログで稼いでいる沖ケイタさんが講師をやるという理由も大きいのですが、なんで急にあそこまで参加したくなったのかよく分かっていません。

Twitterを見た5分後には申し込みしていました。

 

で、いなフリがどうだったのかと言うと控えめに言っても最高です。

実はこの記事を書いている現在はいなフリ受講中なのですが得るものが非常に大きい。

講師からの教えてもらえる稼ぐノウハウはもちろんそうなのですが、僕と同じ様に人生に悩んだり新しい生き方を探している人が集うので同期から学ぶことも膨大にあります。

  • これからどう生きていくのか
  • 夢は何なのか
  • 今まではどんな人生を歩んできたのか

などなど、みんながみんな自分の人生について本気で考えているからこそ本来聞きにくい事を包み隠さず話せる、話してくれる仲間がたくさんできます

いなフリ期間はたった1ヶ月。

でも超濃厚な1ヶ月です。

年齢も違う、住んでる場所も違う、夢や目標も違う人と友達・仲間になれる不思議な場所。それがいなフリです。

もしこれからあなたがフリーランスになって個人で稼いでいきたいのであれば受講を検討してみると良いですよ。

僕は独立してから半年間は一人で孤独に作業していたのですが、いなフリでは仲間がいるので心強いしやる気も上がるし、実績を積んている人が集まってきやすいのでノウハウを教えてもらうこともあります。

2018年5~6月のいなフリを例に挙げると、ブログ・アフィリエイト界隈の超人である、

  • ぶんたさん
  • 飯島一休さん
  • アクセルさん

この3人に実際に会い話を聞くことができましたし、直接ブログを見てアドバイスしてくれた方もいました。

更に1ヶ月間みっちり沖ケイタさんが教えてくれる&池ちゃんさんが常にいる環境に身を置いているわけですから、もう最高でしょう。ブログを書いている人であればこれがどれほど恵まれた環境であるか分かると思います。

 

こんな感じで田舎フリーランス養成講座は稼ぐためにはもちろん、大切なフリーランス仲間・友達を作るためにも最高の環境であると確信しています。

興味があればぜひ以下リンクから概要を覗いてみてくださいね。

>>田舎フリーランス養成講座について詳しく見る

これからはどうする?今後やりたいこと

さて、これからどうしようか、というお話です。

正直ここがまだ定まっておらずフワフワしている状況。

 

高級車が欲しいわけでもない

タワーマンションに住みたいわけでもない

旅はしたいけど情熱を持てているわけでもない

 

こんな感じで自分がどこに向かっているのか、何をしたいのか明確になっていません。

そしてここが明確にならないと収入は必ずどこかで頭打ちになってしまうと感じています。表面上では「月収100万円目指すぞ!」とは言っているものの、その目標に熱を持てていないのは自分自身が一番よく分かっています。

もしかしたら最低限の収入を保ちつつ平凡に暮らすことを心の奥底が望んでいるのかもしれません。

ただし、

平凡は嫌だ!

という気持ちも大いにあり考えに考えて「人にお金を回すためにもっと稼いでみたい」と思い始めるようにもなりました。僕と違ってやりたいことはたくさんあるんだけど、実行するお金が無くて身動きできない人はたくさんいるのではないでしょうか。

そんな人にどんどんお金を渡してやりたいことにチャレンジしていってほしいです。

 

早速、ものは試しだということで実際にいなフリ同期でもあるめちゃくちゃ応援したい2人をスポンサーとして支援してみることに。

初めてスポンサーになるので、やってみて僕自身どういう感想を持つかまだわかりませんが頑張っている人達を応援したいという気持ちは結構強いのでしばらくやってみようと思っています。

さいごに

最後まで自己紹介を読んで頂きありがとうございます!

とりあえず今は稼ぐことに注力しまくってお金どんどん回していきたいと考えている人間であります。

でも今後どう気持ちが変わってくるかはわからず、もしかしたら自分のやりたいことが見つかってひたすら自分のために動くようになるかもしれません。

スポンサー活動も放棄しているかもしれません。

 

その時その時の気持ちに素直になって生きていきたいとは思っているので、ここに書いたこととは全く別の事をやりはじめても変わらず応援して頂けると嬉しいです!

Twitterもやっていますのでフォローして頂けると喜びます!