【事実】リモートワークエンジニアの1日|全然忙しくない件【フリーランス】

アイキャッチ 時間 プログラミング

どうも、フリーランスとしてリモートでエンジニアをしているなおや(@naoya2_2)です。

僕は現在企業と契約を結び週5のフルタイムで働いているのですが、運良くリモートで仕事ができています。

某ウィルスの影響もあってリモート環境で働く人は増えてくと思うので、実際にリモートではどんなスケジュール感で1日の仕事を進めていくのか実録として書いていこうと思います。

これからリモートで仕事をする方や、こういった働き方を目指している方のちょっとした参考になれば嬉しいです!

ざっくりリモート勤務の感想を言うと「時間をコントロールできるし忙しくない日もあるし最高」です。

【著者プロフィール】
高橋直也(@naoya2_2
フリーランスエンジニア。SEとして主に某企業顧客管理システムの開発、改修を担当している。ブログでは30歳未経験からSESを経てフリーランスになった経緯等を発信中。

 リモートワークエンジニアの1日

時計

リモートワークで働くエンジニアの1日のスケジュールを紹介します。もちろん日によってミーティングの数が変わったりするので、あくまで参考です。

【忙しい日】仕事スケジュール

  • 8:00 起床
  • 8:00~8:30 朝食
  • 8:30~9:00 散歩
  • 9:00~10:00 自由時間(ブログ書いたり本読んだり)
  • 10:00 始業
  • 10:00~12:00 一人でもくもくと仕事
  • 12:00~13:00 休憩
  • 13:00~14:00 ミーティング
  • 14:00~17:00 一人でもくもくと仕事
  • 17:00~18:00 ミーティング
  • 18:00~19:00 一人でもくもくと仕事。終業

こんな感じ。基本的に家で一人でもくもくと仕事を進めています。(SEなので月に1回くらい24:00くらいまでの夜勤あり)

人にもよるかと思うのですが、僕は誰にも話しかけられずに淡々と仕事をするほうが好きなので家で仕事ができる環境は合っている印象です。

オンラインのミーティングはあるものの、その他は誰とも喋らなくて良いのは非常に助かっています。

【ヒマな日】仕事スケジュール

  • 8:00 起床
  • 8:00~8:30 朝食
  • 8:30~9:00 散歩
  • 9:00~10:00 自由時間(ブログ書いたり本読んだり)
  • 10:00 始業
  • 10:00~12:00 一人でもくもくと仕事
  • 12:00~13:00 休憩
  • 13:00~19:00 一人でもくもくと仕事

ヒマな日(ミーティングや緊急事態が無い日)は丸一日誰とも会話せずに1日が終わります。時にはチャットやメールでの連絡すら無いことも。

こういう日は最高。

とくにエンジニア×リモートはヒマな日を作りやすいなとも思っていて、3日で終わる開発を「1週間かかります」と言っておけば2日は余裕のある日を作れます。

【結論】リモートワークは自分で時間をコントロール可能

エンジニアに限らず他の業種でもそうかと思うのですがリモートワークは自分で時間をコントロールしやすいので、上司などに管理されるのが嫌いな人は目指すべき働き方かなと思います。

その代わり、仕事の進捗も自分でコントロールする必要があります。尻を叩かれないと仕事を進められない人には向かないかも。

それぞれ性格によって「一人で仕事静かにしたい」「チームでワイワイ仕事したい」は変わってくると思うので、自分に合った働き方を目指していきましょう。

【補足】でも、ミスや緊急事態があれば急に忙しくなる

エンジニアは毎日ゆったりできるのかと思われたかもしれませんが、そうでもありません。割と緊急事態が発生することはあり、そのたびに丸一日超絶忙しくなり昼食を食べられないなんてこともあります。

僕もミスを起こしチーム全体を超絶忙しくさせてしまったこともあります。申し訳ない。

関連記事:最強のプログラミング勉強方法は就職すること

\無料カウンセリング実施中/