プログラミング初心者が独学する手順をイチから解説していきます

プログラミング 独学 アイキャッチ プログラミング

どうも!プログラミングを独学からスタートし、エンジニアとして内定をもらったなおやん(@naoya2_2)です。

プログラミングの勉強をすでに始めている方は共感してもらえると思いますが、プログラミングは初心者の頃が最も学習のハードルが高く挫折しやすいもの。

さらに独学となるとさらに継続して勉強することが難しくなります。

ということで今回の記事では、プログラミング初心者がどのように独学をすれば挫折せずプログラマーやエンジニアとして活躍できるようになるのか、その手順を詳しくお話していきます。

独学での学習に限界を感じている人はぜひ参考にしてください。

本記事の内容

独学でプログラミングを身に付ける手順を解説しています。

【そもそも】プログラミングは独学で習得できるもの?

巷には数多くのプログラミングスクールが多く点在していますが、ぶっちゃけ受講料が高く手を出しにくいのが現実ですよね。

そんな時に候補に上がるのが「独学」という選択肢。

独学でプログラミングを学べるのかと不安に思う面もあるかと思いますが、結論を言うと独学でも十分習得可能です。

その理由は以下3つ。

(1)無料 or 格安のプログラミング教材が多数存在する

今は本当に多くのプログラミング教材をネットを通して利用できるようになり、完全未経験の人でも気軽に学習をスタートできるようになりました。

その代表として、基本無料で利用できるProgate(プロゲート)は有名ですね。

Progateは上級者コースを学ぶ場合には有料となりますが、それでも1ヶ月たったの1,000円。数十万円必要なプログラミングスクールと比べれば破格の安さです。

他にも動画でプログラミングを学べるUdemy(ユーデミー)ドットインストールなど、現代はほぼお金をかけずに独学で勉強できる環境が整っています。

(2)ネットで調べれば多くの機能は実装できる

インターネットには教材だけでなく、無料で読める記事としてプログラミングの情報を多数得ることができます。

なのでプログラムを書いて実装したい機能がある場合など、ぶっちゃけゼロから学んで理屈を理解せずとも調べるだけで実装できることが多いのです。

仕事としてエンジニになる場合、理屈の理解よりもクライアントの指示通り実装できることの方が重要なので文法の全てを理解する必要がありません。むしろ調べる能力のほうが大切。

こういった面からも独学で仕事を得ることは可能です。

(3)仕事を受注すれば嫌でもレベルアップする

最後は荒療治ですが、仕事としてエンジニアになってしまえば嫌でも勉強が必要になりレベルアップします。自分を追い詰める方法なので全員におすすめできる方法ではありませんが、こうなれば割とネットを活用するだけで上達するものです。

なかなか独学ではモチベーションが上がらない!という場合はランサーズなどで仕事を受注してしまうのも1つの手です。

【本題】プログラミング独学のおすすめ手順を紹介

では本題に入って、プログラミング初心者が挫折せずに独学を続けるための方法をお話していきます!

STEP①:Progateやドットインストールで入門レベルを学ぶ

プログラミング未経験者が「これからプログラミングの勉強を始めよう」という場合、まずはProgateやドットインストールを用いて入門レベルの基礎文法を学びましょう

中でも実際に手を動かせるProgateは非常におすすめ。

ここで学ぶことが全ての基礎になりますので、2~3周学習できるとベストです。

ただし、逆に5周も6周も入門レベルの学習に取り組むのは上達スピードを妨げることになりますので、5割くらい頭に入ればOKです。あとは実践で勝手に覚えられます。

逆に注意点として、本の学習から入ってしまうと全く手を動かすことなく挫折する可能性が高いので、本を読むという勉強方法はおすすめできません。

STEP②:Udemyを使って実際のプログラムを動かす

入門レベルの学習を一通り終えたら、次に自分のPCにプログラミングのための環境構築を済ませてコードを書き、実際のプログラムを動かす段階に入りましょう。

この段階でおすすめなのはUdemy(ユーデミー)を利用することです。

Udemyは言語ごとの環境構築から1つの作品を作り上げるところまでを徹底的に学べる動画教材で、セール中を狙えば1,500円くらいで10時間以上のものを購入できます。

実際に僕もフル活用しているサービスで基礎固めには最適 & コスパ最高なので、入門レベルの学習が終わった方は取り組んでみてください。

プログラミングの楽しさもこの辺りで理解できるようになってきます。

STEP③:オリジナルアプリケーションの作成

Udemyで教材通りのアプリケーションを作成し終えたら、次にその知識を活用しつつオリジナルのアプリケーションを作成してみましょう。

オリジナルと言っても若干機能を追加・削除する程度でもOK。

教材とは違う流れで自分の頭で考えながら開発を進めていくことが目的なので、学習したことを思い出しながら手を動かしてみてください。

もちろん動画を部分的に見返して復習しながら進めていくことになるので、その反復が知識になっていきます。

ここまで出来ればプログラミング独学の流れを掴んだも同然なので頑張りましょう!

STEP④:ポートフォリオを複数作成しまとめる(Githubを使えるとなお良い)

オリジナルのアプリケーションやWebサービスを複数作り、それらをポートフォリオとしてまとめましょう。

ポートフォリオとは自分の実力を示す成果物のことで、「これくらいのものなら作れますよ」とアピールするものです。今後エンジニアとして仕事を獲得していきたい場合は必須の工程です。

僕自身も全く同じ方法でエンジニアとしての内定を頂いたのでその効果は実証済み。

ポートフォリオ作成には結構時間がかかりますが、少しでもお金を稼ぎたいのであればやっておいて損はありません。

で、できればこれらポートフォリオはGithub(ギットハブ)にソースコードをUPしておくことをおすすめします。

こうすることでGithubのURLだけでクライアントさんはあなたのポートフォリオを確認することが出来るようになります。

STEP⑤:ポートフォリオを武器に仕事を獲得する

エンジニアとして活動するために、作ったポートフォリオを生かして仕事を獲得する段階です。転職活動を行うのも良いし、やランサーズを用いて個人で仕事を獲得するのもアリです。

仕事獲得まで到達できれば、あとは自然とレベルアップしていきますので心配は不要です。

一通りここまでの流れで独学をものにすることが可能です!

【超重要】プログラミング独学のコツは”とにかく継続”すること!

独学のためのステップを5つお話してきましたが、最終的にいちばん大切なのは“とにかく継続”することです。

プログラミングの挫折が多い理由の1つに、途中で辞めてしまうことが挙げられます。

誰でも最初からプログラミングを理解できるわけはなく、少しずつ進んでいく必要があるのにほんの1ヶ月やっただけで「わからん」と離れていってしまう人が多いのです。

正直に言うと、プログラミングはたった1ヶ月で理解できるものではありません。

なのでとにかく継続が命。分からなくてもとにかく継続です。

モチベーションが上がらない日は1日30分だけでも、コードを1行書くだけでもいいので”毎日”やることが独学成功へのコツです。

1日のなかで少しでも時間を作ってとにかく継続することを意識してみてください。

【もし独学に挫折したら】プログラミングスクールに通う選択肢もアリ

プログラミングは上記の方法で独学することは十分に可能なのですが、習得までのスピードや効率はやはりスクール生に比べると劣ってしまいます。そのため挫折してしまいがち。

プログラミングに関わらずスポーツでも勉強でも詳しい人に習う方が上達が速い原理と一緒ですね。

なので、どうしても素早く上達したい人や効率よく学びたい人は何だかんだプログラミングスクールがおすすめです。

個人的におすすめのスクールは以下3つ。

おすすめ①:ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ
総合評価 受講期間 学習形式 対応言語 学習場所 受講料
⭐⭐⭐⭐⭐ 2~4ヶ月 オンライン HTML/CSS
JavaScript
Ruby
Ruby on Rails
オンライン ¥150,000~

転職を視野に置いているのであれば絶対的におすすめできるのが「ポテパンキャンプ」です。非常に教育の質が高く、卒業後に即戦力として認められるほど。

その実績は素晴らしく、以下の通り。

2018年以降のポテパンキャンプ卒業生は全員がエンジニアとして転職に成功しているとのこと。正直ここまで成果を出せるプログラミングスクールはほぼ存在しません。

また、就職先は自社開発企業のみで、SESとは違い就職後もスキルアップできる環境に身を置くことが可能です。

受講料も安く、しかも転職成功で全額キャッシュバックされます。つまり本気でやりきれば実質無料。

ポテパンキャンプのメリット

✅卒業後即戦力になるほどの実績で、転職にとても強い
✅転職成功で全額キャッシュバック

ポテパンキャンプのデメリット

✅少し厳しいスクールで本気の人向け

まずは無料体験からどうぞ。

>> 今すぐポテパンキャンプに参加する▷
※無料体験キャンペーン実施中

おすすめ②:テックキャンプ

テックキャンプ
総合評価 受講期間 学習形式 対応言語 学習場所 受講料
⭐⭐⭐⭐☆ 3~4ヶ月 通学
&
オンライン
HTML/CSS
Javascript
Ruby on Rails
Python
渋谷
新宿
池袋
大手町
大手町
名古屋
梅田
¥200,000~

完全初心者に向いているプログラミングスクールの「テックキャンプ」は、基礎を徹底して教えてくれるという特徴があります。逆に、すでに基礎を学んでいる人にとっては少し物足りなさを感じてしまいがち。

ただ学べることは非常に幅広くWebやアプリ、AIといった最先端技術を使って開発するノウハウや、PhotoshopやIllustratorを使ったデザインも勉強できます。

受講者の満足度も98%と非常に高い点も特徴的。

過去受講生も多く、実績のあるスクールです。

1つ欠点を挙げるとするならば、初心者に焦点を当てているのでカリキュラム外のサポートは手薄でオリジナルアプリの開発などにはあまり向いていません。

未経験者にこそおすすめのスクールと考えてもらってOKです!

テックキャンプも無料体験が可能なので、まずはお試し受講してみましょう。

※新型コロナウィルスの影響で現在休校となっています

テックキャンプのメリット

✅プログラミング未経験者に最適
✅WebからAI、デザインまで幅広く学習可能

テックキャンプのデメリット

✅すでに知識のある人には物足りない

>> 今すぐテックキャンプに参加する▷
※無料体験キャンペーン実施中

おすすめ③:TechAcademy

TechAcademy
総合評価 受講期間 学習形式 対応言語 学習場所 受講料
⭐⭐⭐⭐⭐ 1~3ヶ月 オンライン HTML/CSS
Swift
PHP
Node.js
Python
オンライン ¥100,000~

完全オンラインで完結するプログラミングスクールを探しているなら「TechAcademy」が非常におすすめ。

多くの言語を学ぶことができ、中でも今話題のブロックチェーンについて学習できる点が非常に魅力的です。ブロックチェーンを教えているプログラミングスクールはまだまだ少ないので、詳しく勉強したい人の選択肢になりますね。

受講期間も1ヶ月~4ヶ月と自由に選ぶことができ、人それぞれの目標に合わせた講座を受講可能となっています。

上記のように就職が難しくなっているこのご時世でもTechAcademyの卒業生は転職に成功している現実もあり、短期で実力を付けたい人にもうってつけ。

価格もリーズナブルなので、オンラインでプログラミングを学びたい人はぜひTechAcademyを選ぶことをおすすめします。

TechAcademyキャンプのメリット

✅完全オンラインで完結する
✅ブロックチェーンについて学ぶことができる

TechAcademyのデメリット

✅時間によってチャット対応してもらえない

>> 今すぐTechAcademyに参加する▷
※無料体験キャンペーン実施中

【まとめ】プログラミング独学は正しい手順で学ぼう!

今回はプログラミングを挫折せずに独学する方法をお話してきました。

本文中でもお話してきたように、今は数多くの無料or 格安の教材がありますのでそれらを活用して学習していくことをおすすめします。

✅プログラミング独学手順まとめ

  1. Progateやドットインストールで入門レベルを学ぶ
  2. Udemyを参考にポートフォリオを作る
  3. 仕事を獲得する(転職 or クラウドソーシング)

ざっくり以上の方法でトライしてみてください。実際に僕自身この方法で仕事を獲得するまでになりましたので再現性はあるかと思います。

コツはとにかく継続すること。

1日30分でもコード1行でもいいので、ひたすら継続すればプログラミングは独学でもある程度のレベルまで達することができます。

もし、それでも独学は難しいと判断した場合は思い切ってプログラミングスクールに参加するのも1つの手です。