プログラミングが嫌いなら辞めたほうが幸せになれるという話

「プログラミングを始めたけど全てが意味わかんなくて苦痛だ・・・」
「プログラミングの楽しさが一切分からない・・・」

こう感じている人はどうした方が良いのか?という話をしていこうと思います。

結論を言うと、プログラミングが嫌いなのであれば潔く辞めて他のことを始めたほうが幸せになれますし、もしノマドに憧れているのであればプログラミング以外にも実現可能な方法はあります。

ではなぜこういった場合プログラミングを辞めたほうが良いのか、この辺りを深堀りしていきます。

どうしてプログラミングが嫌いなら辞めたほうが良いのか?

正直なところ、プログラミングは嫌いな人にとってコードを書いての開発はとても苦痛です。特にプログラミングを始めた理由が「稼げそうだから」「家で仕事できそうだから」といったものだとより挫折しやすくなります。

というのも理想と現実にはギャップがあり、仮にプログラマーになったとしても力を付けるまではそこまでお金を稼げるわけではありませんし、誰もが在宅で仕事をできるわけではないからです。

実際にアプリケーションやWebサイトを開発している企業から話を聞いたところ、未経験者では年収300万円に届かないところがほとんどだそうです。

確かに実力を付ければ収入は跳ね上がるという話も聞きましたが、プログラミングが嫌いであるとそこまでの力を付けることも難しいでしょう。

また、誰でも家で仕事ができるリモートワークエンジニアになれるわけではありません。リモートワークエンジニアになりたければそれだけの実力と信頼を会社に認めさせる必要があるわけですから、プログラミングを嫌っているうちは難しいことが容易に想像できますね。

プログラミングは「好きこそ物の上手なれ」の世界

プログラミングは嫌う人が多いのと同時に、心から楽しんで開発している人も多い特殊な仕事です。そしてプログラミングはまさに「好きこそ物の上手なれ」の世界。

プログラミングを好きな人は仕事以外でもどんどん自分のオリジナルのアプリやツールを開発していくので、当然実力はグングン伸びていきます。

もはや趣味レベルでどんどん開発を進めていく人もいるくらいで、そういった人は「勉強する」とい

嫌いな人はプライベートな時間までをプログラミングに割くことはないので、両者の差は短期間で膨大なものとなってしまうんですね。

プログラミングをやる理由によっては早かれ遅かれ挫折する

実際にプログラミングを始めてエンジニアを目指す理由として多いものが、

  • 稼げそうだから
  • リモートワークが出来そうだから
  • フリーランスになりたいから

こういったものです。

ぶっちゃけプログラミングを始める理由は何でも良いし、やり始めてから楽しさややりがいを見い出せれば何の問題もありません。

ただ問題なのは上記の理由で始めてみたものの「プログラミング嫌い」になってしまった場合。気持ちの面が曖昧だと早かれ遅かれ挫折してしまう可能性は非常に高くなってしまいます。

何か自分で作り出してみたいアプリやサービスがあるのであれば話は別ですが、やりがいを見い出せない場合は執着せずに身を引くのも1つの賢い選択です。

他の解決方法を探そう

個人的にプログラミングを嫌いになってまでもプログラミングを継続する必要はないと思うので、その場合は他の解決方法も探してみましょう。

もしプログラミングを始めようと思った理由が「フリーランスになりたいから」なのであればプログラミングである必要はありませんし、ノマドワークがしたいのであればWebライティングやアフィリエイトでも実現可能です。

会社でエンジニアとして働いている場合は部署異動や転職も1つの選択肢になるでしょう。

苦しんでまでプログラミングを継続するのは本末転倒なので「無理に続ける必要はない」ということも覚えておきましょう。

プログラミングが嫌いでもエンジニアになるには?

プログラミングが好きではないけど、それでもエンジニアになりたいという場合はそれなりの理由を自分の中で明確にしておく必要があります。

「あの会社に入りたい」
「作ってみたいアプリがある」

などなど、プログラミングを始めた核となる理由がどこかにあるはず。

それを自分の中で言語化しておきましょう。

目標が明確になっていればプログラミングの勉強が苦しいときでも踏ん張れる活力になりますので非常におすすめです。

また、とにかく1度でも「楽しい」と感じることができる境地まで粘ってみるのもありです。

根性が必要な方法なので向き不向きはありますが、時間に余裕がある方は毎日少しずつでも良いのでプログラミングに触れて慣れていきましょう。

【まとめ】プログラミングか嫌いなら無理して続ける必要はない

プログラミングに関わらずどんなことにも言えることですが、嫌いな仕事を無理して続ける必要はありません。

他の仕事でもお金は稼げますし、理想の生活を目指すことも可能です。

そして何より例えプログラミングで稼げるようになってもあなた自身が幸せでなければ意味がありませんので、本当にやりたいことは何なのかをもう一度考えてみる時間を設けることも大切です。